トイレの必要性と水漏れなど考えられるトラブル

トイレの必要性と水漏れなど考えられるトラブル 排泄のために必要不可欠なのが、トイレです。一般的な住宅には必ずと言っていいほど設置されている設備であり、現代の日本は下水設備も整っていることから、衛生的に排泄物を処理することができます。中世ヨーロッパなどでは一般家庭にはトイレがなく、おまるを利用しておまるがいっぱいになると窓から投げ捨てていたとも言われており、衛生問題や防疫手段などにも影響していました。衛生的で健康的な生活ができるのは、一重にしっかりと整備されていることにあると考えることができます。

■日本のトイレの歴史はどんなもの?

日本は海外メディアなどで取り上げられるほど、トイレ先進国として有名であり、実際に海外旅行などに行ったことがある人は、日本の技術の素晴らしさに気づいたという人もいるでしょう。海外では日本製の便器を取り寄せる人もいるなど、高い人気を得ています。
そんな日本でも、初めて洋式の水洗トイレが設置されたのは明治時代でした。かつては汲み取り式が一般的で、現在のように水洗トイレが普及したのは、下水道が整備が進んだ大正時代からです。しかし腰かけて用を足す洋式便器の普及はまだ少なく、和式便器が主流となっていました。洋式便器の出荷数が和式便器を上回ったのは1980年代に入ってからで、今からおよそ40年ほど前のことです。また、欧米に比べて日本は、豊富な水資源に恵まれていたことなどから、洗浄機能のついた便座や暖房付きの便座が開発されるなど、日本ならではの発展を遂げてきました。現在の洗浄機能のついた便座は一般に広く普及しています。

■トラブルが起こるとどんなことが起こるのか?
使用しないことはないと言っても過言ではないほど毎日使用するトイレですが、水を大量に使用することから、水に関するトラブルはどうしてもつきものです。例えば、水を流すために必要な給水管やトイレのタンクでのトラブル、排泄物を下水管に流すための便器や排水管でのトラブルなどが考えられます。ちょっとしたトラブルも放置してしまうと最終的には大きな被害につながる可能性があることから、トラブルを発見したら早急に対処をする必要があります。逆流などが起こるとその被害は甚大なものになる可能性もあることから、万が一に備えて修理業者を調べておくなど備えておきましょう。

■普段からこまめにチェックをしておくことでトラブルは防ぐことができる

毎日使用する場所だからこそ、普段からこまめにチェックしておくことでトラブルを未然に防ぐことができますし、万が一トラブルが起こっても被害を最小限に食い止めることができます。例えば、水を流すためのレバーを元に戻しても水が出ている、便器の中の水位に違和感があるなどです。給水管やタンク、便器や排水管などに何らかのトラブルが起こりかけている可能性があることから、早めに対処することが重要です。長期間放置してしまうと逆流をしてしまうなど被害が大きくなるだけでなく、トイレの交換や壁紙、床材などの交換も必要になる可能性があるなど、修理にかかる費用も高額になってしまう恐れがあります。また水漏れなどのトラブルは見えないところで起こっている可能性も高く、こうなってしまうと住宅の構造自体にも影響を与え、非常に高額な修繕費用が発生してしまうことも考えられるので、普段からこまめにチェックしておくことが大切になります。

■まとめ
現代の日本では非常に発達した衛生技術などによって、安心、安全にトイレを利用することができますが、毎日使用することからどうしてもトラブルが発生する確率は高くなってしまいます。万が一の場合でも慌てずに対処することができるように、普段からこまめに水漏れなどが起こっていないかチェックしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース